[PR]

 福井県勝山市で大学院生の女性が殺害された事件で、14日に殺人容疑で県警に逮捕された福井大学教職大学院特命准教授の前園泰徳容疑者(42)=同市長山町2丁目=が、女性の死亡について関与を認める供述をしていることが、捜査関係者への取材でわかった。県警は経緯や動機について調べている。

 県警によると、前園容疑者は12日早朝、勝山市内の路上に止めた軽乗用車内で、東邦大学大学院生の菅原みわさん(25)=同市本町1丁目=の首を絞めて殺害した疑いが持たれている。任意の事情聴取に「交通事故を起こした菅原さんを見つけて病院に搬送した」などと説明していたが、司法解剖で死因が窒息死と分かると、死亡への関与を認めたという。

 福井大によると、前園容疑者は事件翌日の13日、6~9日に熊本県へ出張した際の報告のために大学院事務室を訪れたが、特に変わった様子はなかったという。