[PR]

 今年5月下旬から国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在する油井亀美也・宇宙飛行士(45)が16日、米テキサス州のジョンソン宇宙センターでの記者会見で打ち上げ前の心境などを語った。

――今回のミッションの目標はなんですか?

 私にとって初めてのフライト。貪欲(どんよく)に機会を設けて新しいことにチャレンジしたい。大きな目標になるのは、ロボットアームで到着する補給船をとらえるところ。非常に期待がかかるし、失敗は許されない。日本のHTV(無人補給船「こうのとり」)が私の滞在中に来るかもしれない。

――目標とする宇宙飛行士はいますか?

 若田(光一)さんは、技量もすごいし、人望も厚い。日本人として初めてコマンダーも務めた。まだ遠い目標だが、そこに到達するには最初のミッションをしっかりやることが大事。まずは、全体のチームの中でしっかり仕事できるところを見せたい。

――期待と不安はどちらが大きいですか?

 期待の方が大きい。宇宙飛行士に選抜されて6年たつ。いよいよ迫ってきた。不安がまったくないわけではないが、しっかり訓練して打ち上げまでに準備を完了したい。特に、家族に対する思いが強まっている。よく話し合って、家族も納得した上で出発したい。

――ISSから、どんな情報発信をしますか?

 ツイッターで積極的につぶやきたい。貴重な税金で貴重な体験をさせてもらっているので。写真も趣味でやっている。設定を変えながら、美しい地球の様子を撮ってみたい。

――英国の歌手のサラ・ブライト…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら