シンガポールのリー・クアンユー元首相が23日午前3時18分(日本時間午前4時18分)、入院先のシンガポール総合病院で死去した。91歳だった。同国の初代首相として経済開発を最優先し、異論を許さない政治手法は「独裁」との批判を浴びることもあったが、資源のない小国で急成長を実現。「建国の父」と呼ばれ、戦後のアジアを代表する政治家の一人だった。

 シンガポール首相府が発表した。リー氏の長男で現首相のリー・シェンロン氏は23日、テレビで時折涙ぐみながらコメントを読み上げ、「彼のような男を見ることは、もうないだろう。多くのシンガポール人にとって、リー・クアンユーはシンガポールそのものだった」と述べた。29日に国葬が執り行われる。

 リー・クアンユー氏は英連邦自治州だった1959年にシンガポールの首相に就任。63年にマラヤ連邦(現マレーシア)と統合したが、65年に分離独立を決断した。90年まで首相を務め、退任後も上級相、顧問相を歴任。2011年に閣僚ポストを退くまで国政に強い影響力を残した。

 シンガポールは東京23区より一回り広いだけの島国で、資源もないことから、リー氏は外国資本の誘致による工業化政策を主導した。外国企業を呼び込む魅力的な税優遇などで投資環境を整備。海外の有能な人材も引きつけることで工業に限らず、アジア有数の金融センターの構築にも成功した。同国が1人当たり国内総生産(GDP)で日本をしのぐ土台を築いた。

 リー氏は曽祖父が中国広東省か…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら