[PR]

 兵庫県尼崎市の連続変死事件の裁判員裁判で、神戸地裁(増田耕児裁判長)は18日、角田(すみだ)美代子元被告(自殺時64)の息子、角田優太郎被告(28)に懲役17年(求刑懲役25年)を言い渡した。被告側は起訴された五つの事件のうち、2件の殺人を含む四つの事件で起訴内容を否認していたが、判決は全事件で元被告との共謀を認め、有罪と判断した。

 尼崎市のマンションで集団生活を送っていた元被告の親類縁者は計7人が起訴されており、判決は今回が初めて。増田裁判長は「被害者に与えた精神的苦痛は大きく、犯行は悪質だが、関与は従属的」と述べた。また、被告が判決までに勾留されていた期間のうち550日を刑に算入し、差し引くことを認めた。

 増田裁判長は、元被告らと暮らしていた角田久芳さん(死亡時51)が2005年7月に沖縄の崖から転落死した事件について、「死ぬよう命じて飛び降り以外に選択できない状態にし、殺害した」と認定。「角田家の一員として相当程度、重要な関与をした」と元被告らとの共謀も認め、「久芳さんは自らの意思で飛び降りを決めた」として自殺幇助(ほうじょ)にとどまるという被告側の主張を退けた。

 08年7月からベランダの物置に閉じ込められ、同12月に衰弱死した仲島茉莉子(まりこ)さん(同26)に対する殺人と監禁罪については、「死亡の危険性が高いのを認識しながら、虐待を止めず監禁を続けた」と指摘。被告側の無罪主張を退け、殺人と監禁が成立するとした。

 また、身を隠していた和歌山から車で尼崎に連れ戻された皆吉初代さん(同59)に対する加害目的略取罪▽08年11月にベランダ物置に閉じ込められた安藤みつゑさん(同67)に対する監禁罪――についても元被告との共謀を認め、両罪が成立すると認定。被告側の無罪主張を退けた。

 判決は優太郎被告の生い立ちについて「角田家の子として生まれ育ち、学校教育を受けられなかった」と指摘し、被告が未成年だった時に起きた久芳さんの事件については「非難の程度は弱まる」と述べた。茉莉子さんの事件についても「殺人への関与はあるが、被告の行為は死に直結するものではなかった」とした。

 皆吉さんの元夫で、茉莉子(まりこ)さんの父の男性(63)は判決を受け、「失われた命は戻ってこない。懲役17年は決して長い刑ではない」との談話を出した。

 この裁判は、昨年11月7日の裁判員選任手続きから判決まで132日間にわたる日程で開かれた。裁判員裁判では過去最長。

 判決後、裁判員と補充裁判員を務めた計5人が記者会見した。長期任期については5人とも「裁判所の配慮があり、それほど負担にならなかった」と述べつつ、「会社員の立場では、これ以上長くなるのは遠慮したい」と話す人もいた。

 男性会社員(24)は優太郎被告について「えたいの知れない家庭で育てられ、同情する面もあった」と述べた。会社員の保谷一昭さん(45)は「普通の家庭で生まれていたらまっとうな社会人だったのでは」と語った。(青田貴光)