[PR]

 普通は茶色い体の表側が、黄色というより、ほとんど黄金色をしたヒラメが相模湾でとれた。新江ノ島水族館(藤沢市片瀬海岸2丁目)で展示されている。

 「黄金ヒラメ」は全長約70センチ。突然変異でこうなったらしく、裏側は普通と同じ白色。14日に小田原沖の漁でとれたが、「こんなヒラメ、見たことない」と地元で話題になり、江の島片瀬漁協を通じて水族館に譲られた。

 高さ1・5メートル、横幅3・5メートルの水槽で、メバルや伊勢エビなどと同居を始めたが、石の上にどんと居座るきらびやかな存在感は圧倒的。「網にかかった際に擦れたようで、いつまで展示できるかわからないので、見るのはお早めに」と広報担当者。