[PR]

 みずほ銀行は7月から、感情を認識できるヒト型ロボット「Pepper(ペッパー)」を一部の店舗に置くことにした。数店舗から始め、全国に広げる方針だ。

 19日、ペッパーを開発するソフトバンクロボティクスと共同発表した。

 当面は、ペッパーに金融に関する小話を話させたり、クイズを出題させたりして集客を図る。将来的にはペッパーと顧客とのやりとりを通じて蓄えた膨大なデータを分析し、金融商品の開発やサービスの改善に生かすことを狙う。

 既に三菱東京UFJ銀行も、店頭でロボットを導入する方針を決めている。

こんなニュースも