[PR]

【1996年4月9日紙面から】

 昭和十三年(一九三八年)の三月、おやじが亡くなりました。数えの五十五歳。私の小学校卒業式のちょっと前で、中学合格を知らずに死にました。

 神主の跡を継がないかんということで、中学生のときに講習に行って、年齢が足らんのやけど、特別に免状はもらいました。そやけど、二十歳になってないんで神主になれません。それと、どうしても東京に行きたかったんで、試験に数学がない、漢文・漢詩が好きやったなどから、大東文化学院を選びました。十八年のことで、入学試験のときに、もうすでに上野・鈴本に行ったんです。

 寄席研究家で小説家の正岡容(…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも