[PR]

 「キット、今日はおしゃべりだな」

 「自動運転中は、回路がスムーズなんですよ」

 車が人と話し、時には無人で走る。1980年代に放映され人気だった米テレビドラマ「ナイトライダー」の一場面だ。犯罪捜査員のパートナーとして事件を解決するのは、「キット」と名付けられた高度な人工知能(AI)をもつスポーツカー。当時、子どもから大人まで、夢のような未来の車に熱中した。

 あれからおよそ30年がたつ。未来の車は、もう夢ではなくなった。

 米シリコンバレーは、IT企業が集積する街として知られる。今、日米欧の自動車メーカーが研究所を相次いでつくっている。ここで、車の「自動運転技術」の開発を目指す。

 2020年に街中を自動で走行できる車を市販する――。そんな目標を掲げる日産自動車も、研究所を構える。拠点のトップ、マーティン・シーアハウスは、日産の「切り札」だ。

 「高速道での自動運転の技術は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも