伝統を現代に生かし、消えかけていた伝統芸能に新たな命を吹き込んだ人間国宝の落語家、桂米朝さんが89歳で亡くなった。上方落語を全国区に押し上げ、大きな功績を演芸史に残した巨人は、関西を拠点に芸を愛し、信じ続けた。

 人間国宝、文化勲章と輝かしい経歴を積み上げながらも、「よろしゅうおたの申します」。生涯情熱を傾けた上方文化への誇りを示すようなはんなりとした関西弁、庶民的な人柄で広く愛され続けてきた。

 若き日から幾度となく引き離されても、失うことはなかった芸への情熱。戦後、東京一極集中になりかけた落語界で、上方の旗をしなやかに掲げて、確かな基盤を築いた。演者であり、研究者であり、教育者。不世出のスケールで、東西落語が並び立つ豊かな文化を残した。

 最初の扉を開いてくれたのは、12歳の時に亡くした父だった。郷里の兵庫県姫路市から大阪に連れていってもらい、そこで見せられた落語や歌舞伎などの世界に夢中になった。父の病死で閉ざされたが、心の空白を、演芸の書物をむさぼり読むことで埋めた。

 俳句もたしなむ風流さを備えた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら