石井潤さん(いしい・じゅん=舞踊家、本名田中潤〈たなか・じゅん〉)が18日、膵臓(すいぞう)がんで死去、67歳。葬儀は21日午後1時から京都市東山区五条橋東3の390の公益社中央ブライトホールで。喪主は妻優子さん。

 69年に第1回モスクワ国際バレエコンクール銅賞、89年に芸術選奨文部大臣新人賞、舞踊批評家協会賞を受賞。97~04年まで新国立劇場のバレエマスターを務めた。