[PR]

 買った翌年度から毎年かかる軽自動車税が、4月1日以降の納車分から増税になる。7200円から1万800円と1・5倍となるため、3月中に駆け込みで買う動きも出ている。ただ、燃費の良い車に対しては税額を軽くするしくみもあり、契約前に確認しておくのがおすすめだ。

 新しい税額が適用になるのは4月1日から。納車前に、市町村へ届け出てナンバープレートをもらう時点で決まる。3月中なら2015年度から、4月以降なら16年度から納めることになる。3月中の人は、1年分の税金が余分にかかることにも注意したい。

 16年度は車種によって税額が異なるが、新たに制度変更がなければ、17年度以降はすべての軽自動車が1万800円になる。さらに16年度からは、購入から13年を過ぎた古い車に対する税金が1万2900円になる。

 エコカー減税の基準の見直しで、自動車取得税や自動車重量税も増税になる車が多い。このため自動車各社は、4月以降に再び販売が冷え込むのではとの心配もある。日本自動車工業会は、15年度の軽自動車の販売が14年度より12・4%減ると予想している。(大平要)

こんなニュースも