【動画】山手線の新車両「E235系」お披露目=北村玲奈撮影
[PR]

 東京のJR山手線で今秋、中づり広告のない新型車両「E235系」が走り出す。JR東日本は28日、東京都品川区の東京総合車両センターで車両を報道陣に公開。ほぼデジタルサイネージ(電子看板)に統一された車内が披露された。

 E235系は秋から、11両の1編成を試行的に走らせ、3年後をめどに本格導入する。車内の開放感を高めるため、広告は乗降ドアの横など一部を除きデジタル化。電子看板となる17~21インチの液晶パネルが、乗降ドアや網棚、隣の車両につながる通路ドアの各上部に、計29~36枚設置される。モーターに新素材を使い、電力を効率よく動力に変換できるようになったことなどで、消費電力は現在の「E231系」より約3%削減できる。今は両端の車両だけにある車いすやベビーカー用のフリースペースも全車両にもうける。

 現在、JR東は山手線や埼京線など首都圏の多くの路線で、乗降ドアの上に液晶パネルを計16枚備えた車両を運行中。天気予報やニュース、静止画・動画広告を流している。

 だが、中づり広告がない車両は初めてだ。太田朝道(ともみち)運輸車両部長は28日、「中づりを残すか完全にやめてしまうか、試行運転の中で、乗客や広告関係者の意見も聞いて考えたい」と話した。

■なくなる? 進化…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース