[PR]

 バレーボール・プレミアリーグのプレーオフは21日、東京・大田区総合体育館などであり、男子のレギュラーラウンド(R)1位で、初優勝を目指すJTが、首位攻防となったサントリーとの直接対決を制し、決勝進出を決めた。サントリーの2位と、この日試合がなかった豊田合成の3位が確定し、両チームは準決勝へ。女子は、3連覇を狙う久光製薬がNECに快勝し、1位で決勝進出。NECは2位で準決勝に進むが、上尾と日立に可能性がある3位確定は22日に持ち越された。

こんなニュースも