[PR]

 民主党の岡田克也代表は21日、新たな安全保障法制の与党合意について、「国民にほとんど説明しないまま、どんどん技術論で同時並行的に進めていき、ますますわからなくなっている」と批判した。テレビ東京の番組で述べた。

 岡田氏はまた「戦後の安保政策の大転換だ」とした上で、「国会できちんと時間をかけて議論し、国民の理解と信頼を得る努力が政府として絶対必要だ」と強調した。

こんなニュースも