[PR]

 中が透けて見えたり、白い色だったり――。関西の学生たちが工夫を凝らしたレシピを競う「オムライス甲子園」が22日、大阪市内であった。

 カゴメが企画。194人から選ばれた5人が出場し、相愛大1回生の仁田愛理さんがグランプリに。豆腐と鶏肉のつみれ入りのヘルシーさが評価された。

 副賞にはトマトケチャップ20本(10キロ分)。仁田さんは「これで当分オムライスを作れます」とにっこり。レシピは同甲子園のHPで近く公開予定だ。