[PR]

 京都大の卒業式が24日、京都市左京区のみやこめっせで開かれ、同大学出身では初のプロ野球選手となった千葉ロッテマリーンズの田中英祐投手が出席した。総長賞にも選ばれた田中投手は学生生活を振り返り、「野球から学んだことは大きい。しっかりやったことはちゃんと返ってくるのだと4年間で学んだ」と話した。

 山極寿一総長は卒業生への言葉の中で田中投手に触れ、「きっと従来のプロ野球選手にはない能力を発揮して、活躍してくれると期待しています」と述べた。(佐藤剛志)

こんなニュースも