[PR]

何重もの苦しみ乗り越え平和の使者に

 長崎で被爆し、顔にケロイドが残った。その傷をさらし、被爆体験の語り部を続けてきた。

 爆心地から1・4キロの兵器工場で被爆、肉親13人を失った。当時は24歳。大やけどをした自分の顔を初めて見た時の思いが手記にある。「ショックのあまり鏡を地べたに投げつけた」

 人目を避け、死をも考えた。1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも