[PR]

 麻生太郎財務相は24日の閣議後会見で、中国が主導して設立をめざすアジアインフラ投資銀行(AIIB)と、日米が主導するアジア開発銀行(ADB)は、「インフラに関して一緒にやっていく関係が最も望ましい」と語った。

 理由として、アジアのインフラ資金の需要がADBだけではまかないきれないことを指摘。「AIIBとADBは(一方の利益が増えた分、他方の損失になる)ゼロサムの関係ではない」と述べた。一方で、AIIBの組織運営が不透明だとして「(ADBとAIIBの)ルールが全然違えば、なかなかそうはならない」と語り、日本がAIIBに参加する可能性も「極めて慎重な立場だ」と改めて強調した。

 中国政府によると、ADBの中尾武彦総裁は23日に北京で中国の李克強(リーコーチアン)首相と面会。「AIIBの成立は地域の経済発展の需要に沿う。ADBも協力を始めたい」と発言し、国際金融機関同士の連携に意欲を示したという。(細見るい、北京=斎藤徳彦)

こんなニュースも