[PR]

 関西空港の国際線がこの夏、初めて週1千便(往復)を超える。格安航空会社(LCC)が近距離のアジア路線をどんどん増やしていることが大きいが、運営会社の地道な「営業努力」も効いている。

増えた大半はLCC路線

 新関西国際空港会社が24日に発表した夏(3月29日~10月24日)の運航計画によると、ピーク時(7月)の国際線は週1029便になる。昨夏より113便多い。週1400便前後の国際線が飛ぶ成田空港には及ばないが、関空としては夏冬を通じて過去最高の便数になる。

 旅客便は昨夏より107便多い…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも