[PR]

 書店員を中心に各界のマンガ好きが2014年のイチオシ作品を投票で選ぶ「マンガ大賞2015」が、東村アキコさんの「かくかくしかじか」(集英社)に決まりました。今年で8回目となりますが、私も第1回から選考員として参加しております。しかし振り返ると最初の「岳」の石塚真一さんを除いて受賞者はずーっと女性! 「ちはやふる」末次由紀さん、「テルマエ・ロマエ」ヤマザキマリさん、「3月のライオン」羽海野チカさん、「銀の匙 Silver Spoon」荒川弘さん、「海街diary」吉田秋生さん、「乙嫁語り」森薫さん。いったいナゼ?などと書いてる私も、このコラムで毎度振り返っている通り、ほとんどいつも女性作家に票を入れるのですが。いったいナゼ?

 2014年に単行本が出た作品で最大巻数が8巻までのマンガを対象に、選考員が1次投票(92人が参加)で5作品を挙げた結果、上位14作がノミネート作品として2次投票へ。坂本眞一さん「イノサン」、さだやすさん(ストーリー協力=深見真さん)「王様達のヴァイキング」、東村アキコさん「かくかくしかじか」、松浦だるまさん「累」、椿いづみさん「月刊少女野崎くん」、大今良時さん「聲の形」、田島列島さん「子供はわかってあげない」、高野文子さん「ドミトリーともきんす」、石塚真一さん「BLUE GIANT」、市川春子さん「宝石の国」、竹内友さん「ボールルームへようこそ」、三部けいさん「僕だけがいない街」、堀越耕平さん「僕のヒーローアカデミア」、ヤマザキコレさん「魔法使いの嫁」(作品名50音順)という顔ぶれ。対象総数は58冊と過去最多! 4割くらいは読んでた作品でしたが、全部読むのは大変でした。

 んで2次選考(95人が参加)で1位=3点、2位=2点、3位=1点で投票し集計し、「かくかくしかじか」80点、「子供はわかってあげない」66点、「聲の形」65点という結果に。私は1次も2次も「聲の形」を推したのですが、これは既に完結したので今年が最後のチャンスだったから。「かくしか」も2次で2位に推したので、何の不満もありません。なんと24日に行われた授賞式の翌日に完結第5巻が発売という「集英社の人が控室でウハウハ」(東村アキコ談)という展開で、あげ時としてもドンピシャだったのかも。

 エッセーマンガで名を成した東…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら