[PR]

 米アップルは25日、横浜市港北区に新たな研究開発拠点を建設する、と正式に発表した。パナソニックの工場跡地を買収し、2016年度中に完成する見通し。新拠点は日本の部品メーカーと連携し、iPhoneなど主要製品に使われる部品の開発にあたるとみられる。

 場所は東急東横線・綱島駅から歩いて10分ほど。1万2500平方メートルの土地に、4階建てで広さ2万5千平方メートルの建物を建てる。エネルギー使用量を減らし、屋上を緑化して水を再利用するなど、環境に配慮した施設になるという。