[PR]

 生みの親が育てられない子どもが、新しい親と家族になる特別養子縁組。この縁組で結ばれた家族のもとで育った近藤愛(あき)さん(22)が今春、大学院へ進んだ。多くの子どもが家庭で暮らせる社会を目指し、児童福祉の研究を進める。

 3月20日、愛さんは同志社大学(京都市)の卒業式に臨んだ。福井県から駆けつけた母親の文恵さん(70)は、振り袖姿の愛さんを見つめ、「写真撮る時にポーズする顔、小さい頃から全然変わってない」とほほえんだ。

 愛さんは生後6カ月の時、里子として近藤家に来た。「最初は赤ちゃんという感じじゃなかった」と文恵さん。笑わない。夜も寝付かずに暗闇でじっとしていた。

 当時、近藤家には成人から高校生まで4人の子がいた。年の離れた妹としてかわいがられるうち、3週間後にはキャハハ、と声を出して笑うように。その後、特別養子縁組を結び、法的にも家族になった。

 幼稚園に入った愛さんに文恵さんは、血のつながった親子ではないことを打ち明けた。「他人から言われたら傷つく」と思ったからだ。愛さんが好きだったシンデレラの魔法の言葉を使い、「ビビデバビデブーって、うちにきたんだよ。神様が大切なあーちゃんを下さった。だから、私は愛のお母さんなんだよ」と。

 愛さんは話の途中で「ママなんか大っ嫌い」と逃げ出したが、最後は「でも、ママって呼んでいいんでしょ?」と泣きじゃくった。

 小中学校時代は友達とけんかを…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら