[PR]

 北朝鮮産のマツタケを不正に輸入した疑いが強まり、京都府警などは26日、東京都台東区の食品商社「東方」社長の李東徹(りとうてつ)容疑者(61)=千葉県市川市=と従業員の金芳彦(きんよしひこ)容疑者(42)を外為法違反(無承認輸入)の疑いで逮捕した。関連先として在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の許宗萬(ホジョンマン)議長宅、南昇祐副議長宅などを捜索した。

 李容疑者は「(逮捕は)理解が出来ない」、金容疑者は「身に覚えがない」と否認しているという。

 府警によると、李容疑者らは共謀し、2010年9月、経済制裁で輸入が禁止されている北朝鮮産のマツタケ約1200キロを中国産と偽り、中国を経由して関西空港から不正に輸入した疑いが持たれている。マツタケは日本国内で販売されたという。

 京都府警は昨年5月にも朝鮮総…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら