[PR]

 東京大学や米国立衛生研究所などの研究チームは、エボラ出血熱の感染を防ぐワクチンの開発を進め、霊長類のカニクイザルで効果がみられたと発表した。

 研究チームの河岡義裕・東大医科学研究所教授らは、エボラウイルスの遺伝子を操作して増殖できないようにし、さらにそのウイルスを化学処理して毒性をなくしたワクチンをつくった。

 そのワクチンをカニクイザル2匹に4週間あけて2回接種し、その4週間後に致死量のエボラウイルスを投与した。2匹とも発症せずに生き残ったという。

 エボラ出血熱のワクチンは、こ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも