[PR]

 札幌ドーム(札幌市豊平区)でプロ野球の試合を観戦中、ファウルボールに当たって右目を失明した札幌市の30代女性が、主催者の北海道日本ハムファイターズとドームを所有する札幌市などに約4700万円の損害賠償を求めた訴訟で、札幌地裁は26日、球団などに約4200万円の支払いを命じた。長谷川恭弘裁判長は「ドームの設備は、観客の安全を確保するのに十分ではなかった」と指摘した。

 判決によると、女性は2010年8月、家族で一塁側内野席の前から10列目で日本ハム―西武戦を観戦中、家族の様子をうかがうために目を離した直後にファウルボールが顔面を直撃し、右目を失明した。

 判決で、長谷川裁判長は、ドームの管理は内野席の防球ネットを取り外すなど臨場感の確保に偏っていたと指摘。打球が女性の座席に到達するまでは約2秒だったと認定した上で、アナウンスなどで打球への注意喚起をしていたが「わずかな時間で打球を避けるのは不可能。防球ネットなどの安全設備を設ける必要があった」とした。

 原告の女性は判決後の会見で「球場の安全対策を強化してほしい」と話した。球団は「プロ野球観戦の臨場感が失われることを懸念する。野球界全体に及ぼす影響も十分考えられ、控訴を視野に検討していく」とのコメントを出した。(光墨祥吾)