[PR]

 教室でたくさんの人が手にした「羽衣(はごろも)チョーク」が姿を消す。メーカーの羽衣文具(愛知県春日井市)が今月、廃業したためだ。滑らかな書き味の看板商品は他社に引き継がれるが、「羽衣ブランド」を惜しむ声が上がる。

 学校などからの指名買いが多かったのが「フルタッチ」。原料は炭酸カルシウム(石灰石)で、1969年の発売から改良を重ねた書き味は滑らかで静か。粉が飛びにくく消しやすい。表面が被膜加工で手につきにくい。圧縮成型で折れにくく、減りにくい……。

 「今でしょ」の東進ハイスクール講師の林修さんも愛用者の一人。

 「フルタッチに出会ったとき、『これだ!』と快哉(かいさい)を叫んだ」といい、取材に対し、羽衣文具の廃業を惜しみ、感謝するメッセージも寄せた。

 林さんは、授業のやりやすさでは、ホワイトボードは、黒板の足元にも及ばないとした上で、「特に僕は、筆圧が高く、しかも書き終わった時に、『カン!』とピリオドを打つ癖があるので、チョークがボロボロ折れると、授業のリズムそのものが悪くなってしまいます。軽くて柔らかいチョークではダメなのです」という。

 羽衣文具は戦前、名古屋市で創…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら