[PR]

 フランスの山中に、乗客乗員計150人を乗せたドイツ格安航空会社ジャーマンウィングスの旅客機(エアバスA320型機)が墜落した事故について、仏検察当局は26日、副操縦士が「意図的に機体を破壊しようとしたとみられる」と発表した。副操縦士は、機長を操縦室から閉め出したうえで、機体を急降下させて墜落させた可能性がある。日本人2人も搭乗していたとみられる墜落事故は異例の展開になった。

 仏検察当局が26日、回収された事故機の操縦室内の会話などを記録する「ボイスレコーダー」の音声データなどの分析に基づき、事故状況の初期的な見解として発表した。ドイツ人のアンドレアス・ルビッツ副操縦士(28)が意図的に機体を墜落させたとみられている。ただ、「テロリストとして手配されているわけではない」(仏検察当局)という。

 発表によると、飛行が始まった当初は機長と副操縦士がふつうに会話していた。機長は、独デュッセルドルフでの着陸に向けたアナウンスの準備を始め、副操縦士が返事をした。機長は操縦を代わるよう求め、ドアが閉まる音が残されている。機長がトイレにたった模様だ。1人になった副操縦士は、自動操縦モードだったにもかかわらず、機体を下降させるボタンを作動させたという。

 検察当局は「今回のような機体の急降下には、何度もボタンをひねらねばならず、その点で意図的な行為だった」と断じた。

 機長は操縦室に戻るため、ドア…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら