[PR]

 優勝しかない――。広島カープは27日、マツダスタジアム(広島市南区)でヤクルトスワローズと開幕戦を戦い、2―4で惜敗した。エースの前田健太投手や8年ぶりに復帰した黒田博樹投手らの強力先発陣など、今季は優勝を狙える戦力が整い、さっそくファンの熱気が球場を包んだ。

 開幕戦から、延長にもつれ込む白熱した試合展開。娘と一緒に観戦し、声援を送っていた広島市南区の星野早苗さん(40)は試合が終わると、「残念。切り替えて明日は勝ち、優勝を目指してほしい」と話した。

 この日、自由席のチケットを持つファンらが少しでもいい席を取ろうとゲート前に長蛇の列を作った。正面ゲートの列の先頭の同市佐伯区八幡1丁目の原田弘志さん(67)は、1週間ほど前から約10人の仲間と交代で並んできた。小学生の時からカープファン。「前回の優勝時は、平和大通りが人で埋め尽くされた。今年は優勝しかない」と目を輝かせていた。

 同じく列の先頭にいた同市中区…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら