[PR]

 新年度となる1日から、暮らしにかかわる制度やサービスが変わる。多くの自治体で65歳以上の介護保険料が値上がりする。年金は、物価や賃金より伸びを抑える「マクロ経済スライド」が初めて実施され、長期にわたる年金抑制がスタートする。身近な食品の値上げも相次ぎ、負担増を感じる春となりそうだ。

 65歳以上の介護保険料は市区町村ごとに異なる。財務省によると、全国平均では月約580円上がって5550円ほどになる見通しだ。介護保険サービスの絞り込みも始まる。特別養護老人ホームの新たな入居者は、原則「要介護3」以上に限られる。要介護度が低い「要支援」向けサービスのうち、介護予防のための通所と訪問介護は市町村事業への移行が始まる。負担増は8月にも待ち構える。一定の所得がある人は、自己負担割合が1割から2割に倍増。いまは負担がない特養の相部屋代は、月1万4100円(30日分)になる。

 年金は、国民年金を満額受け取る人の場合、月608円増えて月6万5008円となり、額面は増える。ただマクロ経済スライドによって、賃金上昇にあわせた伸びより約600円抑制されている。

 子育て分野では、待機児童の解…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも