[PR]

 テレビ朝日のニュース番組「報道ステーション」の27日の生放送で、コメンテーターの元経済産業省官僚の古賀茂明さんとキャスターの古舘伊知郎さんが番組への出演を巡り、激しく言い争う場面があった。

 古賀さんは、中東情勢について意見を求められた際に突然話題を変え、テレビ朝日や古舘氏の所属事務所のトップの意向だとして、「私は今日が最後」と発言。続けて「菅官房長官をはじめ官邸のみなさんにはものすごいバッシングを受けてきましたけれども、それを上回るみなさんの応援のおかげで非常に楽しくやらせて頂いた」と話した。

 これに対し、古舘さんは「今のお話は私としては承服できません」「古賀さんがこれですべてテレビ側から降ろされるということは、違うと思うんですよ」と反論した。しかし、古賀さんは「古舘さん言われましたよね。私がこういうふうになることについて『自分はなにもできなかった、本当に申し訳ない』と。(やりとりは)全部録音させていただきました」などと話した。

 その後、古賀さんは「I am not ABE」と政権批判とも取れる自作の紙を提示し「官邸から批判が来るかもしれないが、陰で言わないで、直接私のところに文句を言ってきて」と述べた。古賀さんは以前にも同番組で、過激派組織「イスラム国」(IS)による人質事件への日本政府の対応を批判し、「I am not ABE」と発言し、議論を呼んでいた。

 テレビ朝日によると、金曜日のコメンテーターはこれまでも固定化しておらずその日のテーマに合ったコメンテーターを招いており、古賀さんもその一人だという。テレビ朝日広報部は「私どもは視聴者の方々にお伝えすべきニュースを報道しており、古賀さんの個人的な意見や、放送中に突然、一部事実に基づかないコメントがなされたことについて、承服できない思いでおります。結果として、番組に一部混乱が見られたことについて、視聴者のみなさまにおわび致します」とコメントした。(才本淳子)