[PR]

 福島から世界にアニメを発信しようと、「新世紀エヴァンゲリオン」の制作で知られる「ガイナックス」の子会社が手がけた博物館のオープニングイベントが28日、福島県三春町であった。スタジオを再現した常設展など、多くの人がアニメのできる仕組みや原画を興味深く見て回った。

 博物館は「空想とアートのミュージアム 福島さくら遊学舎」で、閉校した町立中学校の校舎につくられた。正式オープンは4月1日。期間限定の特別展では、アニメ「天元突破グレンラガン」などの原画も展示された。6月からスタジオを併設し、アニメづくりに取りかかる。山形市の美大生円谷風香さん(19)は「質の高い映像が多くの人の力で生み出されているのがよくわかり、刺激を受けた」と話した。

 博物館を設立した「福島ガイナックス」の浅尾芳宣社長は福島市出身。「ここから世界に向けて作品を発表し、福島や日本の良さを知ってもらえれば」とあいさつした。