[PR]

 顔がむくみ、空せきが続いた。疲れた顔の夫は「仕事がたまっている。やることがいっぱいある」と言い残し、職場に向かった。

 西日本で展開する小売りチェーンに勤めていた当時47歳の男性はこの日、急性心臓死で亡くなった。妻はその朝、出勤する夫の様子に異変を感じていた。2006年12月のことだ。

 男性が倒れたのは、入院する母を見舞いに行った病院の待合室だった。携帯電話には、倒れる直前まで取引先と話していた履歴が残っていた。

 男性は小売りチェーン傘下の約100店舗で扱う家電製品のバイヤーだった。業者から商品を仕入れ、店舗を回って販売指導を行った。新規開店の準備のため、早朝に起きて日帰り出張をくり返した。

 亡くなる2年半前に課長に昇進し、「がんばって会社を大きくすれば、オレたちの暮らしも安定する」と口癖のように話した。死亡前2カ月間の早出・残業は月平均140時間にのぼり、佐賀労働基準監督署は09年、労災と認定した。

 過労死するほど働いていたのに、男性には残業代が支払われていなかった。課長職として、会社の経営にかかわり、自分で労働時間を決められる「管理監督者」にされていたからだ。

 だが実態は、会社の経営に関与せず、働く時間を自由に決める権限も与えられていない「名ばかり管理職」だった。年収は約600万円で、月に5万5千円の管理職手当が出ていたが、実際の残業の量には見合わなかった。

 妻は語る。「責任感が強い人でした。サービス残業続きでも『課長』という肩書を与えられ、仕事を投げ出せなかったのでしょう」

 賃金と働いた時間を切り離す「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら