[PR]

 日本で駅弁が誕生して130周年になるのを記念して、宇都宮駅で売られていた最古の駅弁をモチーフにした「おにぎり辨當(べんとう)」を崎陽軒(横浜市)が4月1日から発売する。14日までの期間限定で、1日50食。横浜・川崎・上野・新宿の各駅の店舗などで販売する。

 最古の駅弁は竹皮でおにぎりを包んだもの。おにぎり辨當も竹皮を模した包みを使い、130年のお祝いの意味を込めた赤飯と白飯のおにぎりのほか、名物のシウマイと煮物などが入っている。税込み600円。

 「駅弁の会社として、130周年を盛り上げたい」と担当者。販売時間などの問い合わせは同社お客様相談室(0120・882・380)。