[PR]

 元首相で2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(77)は30日、肺がんの除去手術を23日に行ったことを明らかにした。東京都内で開かれた組織委理事会に杖をつきながら出席し、冒頭のあいさつで「左の肺にがんが見つかり、これを完全に除去いたしました。1週間で元気になり、顔色などはつやつやしていると思います」と切り出した。

 関係者によると、がんは早期で大きくなく、胸腔鏡(きょうくうきょう)手術で肺の一部切除をしたとみられる。森会長は「やせ我慢かもしれませんが、どうかご心配なく。つつがなく、引き続き努力していこうと思います」と会長職の続投に影響がないことを強調した。

 森会長は02年にも前立腺がんの手術を受けている。