外務事務次官や駐米大使を歴任し、日中国交正常化交渉や沖縄返還交渉に携わった栗山尚一(くりやま・たかかず)さんが1日、肺炎のため東京都内の病院で死去した。83歳だった。葬儀の日取りや喪主は未定。

 東京大学法学部を中退して、1954年外務省入省。佐藤栄作首相と米国のニクソン大統領との沖縄返還交渉に参画し、72年の日中国交正常化の際には、条約課長として日中共同声明の原案作成に携わった。

 外務省条約局長、北米局長、駐マレーシア大使などを経て、89年に外務事務次官。次官在任中には、91年の湾岸戦争の対応に当たった。92~95年に駐米大使。退職後は、早稲田大学客員教授や宮内庁参与などを務めた。