東京・東池袋でラーメン店「大勝軒」を創業し、つけ麺を広めた山岸一雄(やまぎし・かずお)さんが1日、心不全のため都内の病院で死去した。80歳だった。弟子で2代目店主の飯野敏彦さんによると、7年ほど前から体調を崩し、入退院を繰り返していたという。通夜は7日、葬儀は8日に東京都文京区大塚5の40の1の護国寺で行う予定。

 麺とスープを別々に出すつけ麺を考案。1961年に開いた店は、連日、長蛇の列ができる有名店になった。100人以上の弟子を育成し、全国各地にのれん分けをした店舗がある。「ラーメンの神様」とも呼ばれ、ドキュメンタリー映画にもなった。2007年に区画整理のため、東池袋店はいったん閉店したが、1年後に近くで復活した。