[PR]

 タイの暫定政権は1日、昨年5月の軍事クーデター直前に同国全土に発令した戒厳令を解除したと発表した。同時に、治安維持のために軍主導の最高機関、国家平和秩序評議会議長(プラユット暫定首相が兼任)が、戒厳令に代わる命令を出した。国民の自由の抑圧は続く可能性が高い。

 戒厳令に代わる命令は、三権に超越する国家平和秩序評議会議長の絶対権を定めた暫定憲法44条に基づくもの。軍は令状なしの身柄拘束や家宅捜索などができるほか、プラユット氏の許可がない5人以上の集会を違法とするなど、戒厳令と同様の内容になっている。(バンコク=大野良祐)

こんなニュースも