[PR]

 群馬県高崎市で買い物をしていた女性2人が2日夜、「足に痛みを感じる」と警察に届け出た。ともに軽傷で、県警が鑑定した結果、何者かが硫酸をかけたことが判明し、傷害容疑で調べている。

 高崎署によると、2日午後6時ごろ、高崎市八島町のJR高崎駅ビルで買い物をしていた新潟県新発田市のパート女性(44)が、右ふくらはぎの痛みに気づいた。赤くなっており、かばんやカーディガン、ストッキングが一部溶けていた。約1時間後、高崎市矢中町のアピタ高崎店で、群馬県藤岡市の会社員女性(23)も左くるぶしに痛みを感じ、ストッキングが一部溶けていた。

 県警は液体の薬品をかけられたとみて鑑定し、硫酸と特定。防犯カメラに不審者が映っているという。