[PR]

 午過(ひるすぎ)になってから、代助は自分が落ち付いていないという事を、漸(ようや)く自覚し出した。腹のなかに小さな皺(しわ)が無数に出来て、その皺が絶えず、相互の位地と、形状(かたち)とを変えて、一面に揺(うご)いているような気持がする。代助は時々こういう情調の支配を受ける事がある。そうして、この種の経験を、今日(こんにち)まで、単なる生理上の現象としてのみ取り扱っておった。代助は昨日(きのう)兄と一所に鰻(うなぎ)を食ったのを少し後悔した。散歩がてらに、平岡の所へ行って見ようかと思い出したが、散歩が目的か、平岡が目的か、自分には判然たる区別がなかった。婆(ばあ)さんに着物を出さして、着換えようとしている所へ、甥(おい)の誠太郎(せいたろう)が来た。帽子を手に持ったまま、恰好(かっこう)の好(い)い円い頭を、代助の前へ出して、腰を掛けた。

 「もう学校は引けたのかい。早過ぎるじゃないか」

 「ちっとも早かない」といって…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも