[PR]

 北海道と本州を結ぶJR津軽海峡線の青函トンネル(約54キロ)内で3日夕、函館発新青森行き特急「スーパー白鳥34号」の車両から火花が出て、乗客124人がトンネル内を歩いて避難した事故で、JR北海道は4日、原因について、車両床下のモーターに過電流が流れた可能性が高いとの見方を示した。

 運転を見合わせていた北海道側の木古内(きこない、北海道木古内町)と本州側の津軽今別(青森県今別町)間は、4日午前7時過ぎまでに上下線ともに開通した。

 事故車両は4日昼前に函館運輸所に到着し、JR北海道が事故の詳しい原因を調べる。同型の34両についても緊急点検を始めた。事故の影響で、函館と新青森を結ぶ特急白鳥など12本が運休したほか、臨時寝台特急「北斗星」(上野―札幌)が約10時間遅れるなど、約1420人に影響が出た。

 JR北の西野史尚副社長は4日未明、記者会見した。モーターに電気を送る配線の被膜が3本とも焦げていた。パンタグラフから送電される電流の周波数や電圧を変換し、モーターの回転数を制御する「主変換装置」の異常により過電流が流れ、火花が発生した可能性が高いとした。運転士の操作ミスなどの可能性はないとの見方を示した。

 同社によると、車掌が異臭に気づいて窓の外を見たところ、先頭から2両目の5号車床下のモーター付近から火花が出ていたため、緊急停止させた。火花は運転士が消火器で消し止めたという。

 JR東日本は上野―札幌を走る臨時寝台特急「北斗星」について、4日上野発の下りと、折り返し5日発の上りの計2本の運休を決めた。3日午後に札幌を出発した上り列車が事故の影響で大幅に遅れた影響という。