[PR]

 維新の党の上西小百合衆院議員(31)=比例近畿=の衆院本会議欠席をめぐる問題で、橋下徹最高顧問が代表を務める地域政党「大阪維新の会」は4日、上西氏を大阪維新から除籍した、と発表した。橋下氏は同日の街頭演説で、上西氏に議員辞職を勧めたが断られたことを明かした。

 大阪維新の発表では、上西氏が体調不調の診断書を受け取っているにもかかわらず、「夜に会食に出かけ、お酒の出る飲食店を回った」と認定。取材対応などを含めて一連の行動を「極めて不可解」と指摘した。さらに「日頃の言動に問題が多く、改善の見込みは全くない」とした。

 橋下氏は大阪市内での街頭演説で、「チャンスを与えるから一回身を引いて」と議員辞職をして再挑戦するよう勧めたが断られた、とする上西氏との協議内容を公表。そのうえで、「自分たちの消滅につながるので、除籍して、あの議員とは二度と付き合わない」と語った。

 上西氏は衆院大阪7区から立候補し、2期連続で比例復活当選した。除籍は大阪維新で最も重い処分。

 国政政党の維新の党の江田憲司代表も大阪市内の街頭演説で「大阪維新の判断を尊重し、厳正な処断をしていきたい」と述べ、大阪維新に同調する考えを示した。