[PR]

 「ミレニアルズ(Millennials)」と呼ばれる米国の若い世代の消費スタイルが、小売りやサービス業に変革を迫っている。世代の特徴は「買い物はネット」「健康志向」「保有よりも共有」。上の世代と異なる消費行動に対応できず、苦戦する企業も多い。

買い物はネット、健康志向 車も「共有で十分」

 4月に開催されたニューヨーク国際自動車ショー。高級感あふれる展示内容が多いなか、トヨタ自動車の若者向けブランド「サイオン」の展示は異質だった。派手な映像がスクリーンに映され、ソーシャルメディア技術をフル活用した広告を展開。発表した新モデルの名前は「iA」「iM」で、アップル製品のような語感が話題を呼んだ。

 購買層の中心になってきたミレ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも