[PR]

 サッカーJ2(Jリーグ2部)で横浜FCの元日本代表FW三浦知良(かずよし、48)が5日、横浜市のニッパツ三ツ沢球技場で行われたジュビロ磐田戦で前半14分に先制ゴールを決め、自身が持つJリーグ最年長得点記録を46歳8カ月8日から、48歳1カ月10日に更新した。

 三浦の得点は2013年11月以来。右からのクロスボールを相手と競り合ってヘディングで決めた。「いいボールが来たなと思い、とにかく思いっきり競ろうとボールに突っ込んだ」と振り返る。お約束のカズダンスも披露。「キャンプからゴールを意識してやってきた。ホームゲームだし、幸せな瞬間だった。48歳でグラウンドに立てることだけに満足はしていない」

 昨季はけがもあって出場2試合にとどまったが、今季は6試合中でこの日が4度目の先発出場。「“金属”疲労なのか、朝から体が張ってコンディションが悪かった」と明かす。「不思議だね、そういう時に点が取れる。でも、いつも『今日が最後でも後悔はしない』という気持ちでやり抜こうと、自分にいい聞かせている」と話した。

 試合は2―3で横浜FCが逆転負けした。かつて共に国際試合を戦った磐田の名波浩監督(42)が「カズさんのゴールでチームの目が覚めた」と評したのを聞くと、三浦は「日本代表で一緒にやった人はみんな指導者になり、選手時代と違う見方をする。そういう立場からの言葉はうれしい」と喜んだ。(中小路徹

こんなニュースも