[PR]

枝野幸男・民主党幹事長

 (安倍首相は)イケイケドンドンで勇ましいことを言って、日本の安全が守られるならこんな楽なことはありません。自衛隊の皆さんに、わざわざ他の国のやっている戦争にでかけて行って命をかけていただく。それで本当に私たちの国の安全が守られるんでしょうか。

 日本の領海に外国の船が入ってきて漁をしている。そんな話は何年も前からあります。それに対して大事なのは、集団的自衛権だなんていう、海外に出かけていって戦争をするんだなんていう話ではありません。海上保安庁という領海を守るための大事な大事な組織があるんです。でも、この海上保安庁、予算が足りなくて古い船を使って、人員も足りなくて、という中で仕事をしているんです。

 こういう地味だけれども大事な所にしっかりと予算を配分していくことこそが領土や領海を守るということであって、勇ましいことを言ってパフォーマンスをして、むしろ安全が損なわれる。これは、私たちが先人たちのたくさんの犠牲の上で学んできたことだと思います。地に足をつけた政治を一歩ずつ進めていこうではありませんか。(兵庫県三田市での街頭演説で)

こんなニュースも