[PR]

 120万円相当の自転車を盗んだとして、警視庁は、東京都日野市と八王子市の無職少年2人(いずれも18歳)を盗みの疑いで逮捕し、6日発表した。2人の自宅から自転車4台やハンドル17個、タイヤ19本などを押収した。「昨夏から自転車10台や部品を盗み、ネットオークションで売った」と供述したという。

 少年事件課によると、2人の逮捕容疑は昨年12月1~2日、東京都府中市のマンション廊下に無施錠で置いてあった、男性看護師(38)の外国製ロードバイク(高速走行できる自転車)を盗んだというもの。

 今年3月、この自転車のパンク修理で市内の自転車店を訪れた2人を、店員が不審に思って通報した。被害者の看護師が自転車を買った店で、車輪が30万円と高価な品だったため、売った相手を覚えていたという。

 2人は高校時代の同級生。ロードバイク好きで、よくツーリングしていたという。