[PR]

 文部科学省が中学校教科書の検定結果を公表したことを受け、韓国外交省は6日、「韓国固有の領土である独島(トクト、竹島の韓国名)に対する不当な主張を強化し、明白な歴史的事実を歪曲(わいきょく)した中学校教科書の検定を通過させる挑発をまたも敢行した」などと非難する報道官声明を発表した。趙太庸(チョテヨン)・第1次官が日本の別所浩郎・駐韓国大使を外交省に呼び、抗議した。

 韓国教育省も、「強く糾弾し、是正を要求する」などとした報道官声明を発表した。旧日本軍の慰安婦問題に関する記述をめぐっては、「検定結果の発表を通じて、過去を否定し、歴史的審判を回避している」と批判した。教育省は今後、歴史や「独島」に関する教育を強化する方針という。

 一方、日韓は今年、国交正常化から50周年を迎える。韓国政府は懸案になっている慰安婦や竹島などの問題では譲歩しないものの、その他の分野での協力や交流は続ける方針だ。

 中国国営新華社通信は6日、「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも