[PR]

 マレーシアの国営ベルナマ通信によると、同国の警察幹部は6日、首都クアラルンプールでテロを計画した疑いで17人を逮捕したことを明らかにした。容疑者の国籍や計画の詳細は不明だが、容疑者のうち2人は過激派組織「イスラム国」(IS)に参加し、最近シリアから戻ったという。

 マレーシアでは3月にも、クアラルンプールにあるサウジアラビアとカタールの両大使館へのテロ攻撃を計画した容疑でイラク人の男2人が逮捕された。警察は1月時点で67人のマレーシア人がISに加わるために出国したと公表。テロ対策法を強化して不審者の拘束を続けている。(シンガポール=都留悦史)

こんなニュースも