[PR]

 カーター米国防長官は6日、アリゾナ州で講演し、中国の南シナ海での活動について「深く憂慮している」と述べた。アジア太平洋重視政策の重要性を指摘し、最新鋭のズムウォルト級ステルス艦を含め、高度な軍事技術を備えた装備を、アジア太平洋地域に重点的に配備する方針も強調した。

 カーター氏は7日の訪日を前に、オバマ政権が進めるアジア太平洋リバランス(再均衡)政策について講演。「アジア太平洋への関与を強化する」とし、軍事的にもアジア重視の戦略を一層進める考えを示した。

 中国については「米国と同盟国ではないが、敵対する必要はない。(米中)関係は複雑で、我々は『競争』と『協力』を続ける」と述べる一方、不透明な軍事費や南シナ海での海洋進出、サイバー攻撃をあげ、「米国や他の多くの国が、中国の活動について深く憂慮している」と指摘した。

 カーター氏は、地域が不安定化…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも