[PR]

 コンビニ大手ローソンは、佐川急便の持ち株会社SGホールディングスと業務提携し、コンビニ商品を宅配便と一緒に届けるサービスに乗り出す。6月に共同で新しい会社を立ち上げ、東京都世田谷区でサービスを始める。今年度中に東京都内100店に広げ、全国に拡大していく予定だ。7日午後に記者会見を開き、発表する。

 新会社の名称は「SGローソン」。ローソンが51%、SGホールディングスが49%を出資する。各店舗の半径500メートルの範囲内で、ローソンの食品や日用品、佐川急便の荷物を届ける。配達員はカタログやタブレット端末を使って、配達先でも商品の注文を受ける。時には電球の交換を手伝うなど「御用聞き」のようなサービスをすることも想定している。

 全国に約1万2千店舗を持つローソンは、高齢者や共働き世帯などの利用を見込み、売り上げの増加につなげたい考えだ。宅配便市場でシェア3割の佐川急便も、不在時に受け取れなかった荷物を24時間営業の近くのコンビニの店頭で受け取れるサービスで利用者の利便性を高めるとともに、再配達のコストを減らすねらいがある。

こんなニュースも