[PR]

 横浜市で3月15日にフルマラソンに衣替えして初開催された「横浜マラソン」(組織委員会主催、朝日新聞社など後援)で、フルマラソンと10キロの距離が規定に足りず日本陸上競技連盟の公認コースとして認められていなかったことが分かった。

 組織委によると、フルマラソン(42・195キロ)で186・2メートル、10キロで94・1メートル足りなかった。大会前に距離を測定する際、フルマラソンのコースの一部に含まれる首都高速湾岸線や10キロの一般道を通行規制できず、正確に測れなかったことが主な原因という。日本陸連が大会当日に測定したところ距離が足りず、公認が得られなかった。

 組織委は大会4日後の3月19日に大会ウェブサイト上で「コース検定を行った結果、公認コースの大会とはなりませんでした」と発表した。組織委の山口宏会長は「ランナーの皆様には大変申し訳なく思います」とのコメントを発表した。

 横浜マラソンは、赤レンガ倉庫や山下公園といった名所をめぐるコースで約2万3千人が参加し、東京マラソン、大阪マラソンに次ぐ国内3番目の規模だった。